ウェブ製作会社向け、再販可能ホスティング

ウェブ製作会社向け、再販可能なホスティングサービス

ホスティングの再販(制度)とは、ホスティング業者から借りているサーバーの領域を、自社の顧客などに貸し出すことが可能(有償・無償問わず)な制度のことです。平たく言えば又貸しOK制度。

※ただし自社の顧客のみへの貸し出しが許されるのが一般的で、不特定多数への貸し出しは禁止されている場合が多いです。

再販制度の利点として、たとえばウェブ製作を請負っている会社さんの場合、複数の顧客のサイトを自社で借りている1つの契約で運用することで、サーバーの集約や毎月のコストを下げることが可能です。

顧客ごとにA社サイトはXホスティングで、B社サイトはYホスティングで・・・あれ、Zホスティングだったかな?管理画面のURLは・・・??
などという製作とは関係の無い煩雑な作業や、料金の支払忘れによるサイト停止!\(^o^)/オワタ などの悲劇的状況からも解放されるかもしれません。

そんな製作会社さんの強い味方、再販売(再販制度)が可能な共有型ホスティングを集めてみました。

CPI(KDDI)

プラン名 ACE01(エース)
容量 無制限 転送量目安 50GB/月
複数ドメイン 無制限 試用期間 10日間
月額料金 3,800 円(税別)~ 初期費用 年間契約時 無料
標準サポート メール / 電話 / オンラインヘルプ / サーバー移転代行
オプション 24時間 365日 電話&メールサポート(月額900円)
その他 都内iDC設置、ドメイン取得、サーバ証明書取得対応

CPIのおすすめポイント

自社データセンタも運用しているKDDIグループが提供するホスティングサービスです。業界大手中の大手で、サーバー、ネットワーク関連の技術ノウハウはトップクラスです。※顧客への再販用途の場合、サーバー会社への信頼(安心感)は、かなり重要な要素ではないでしょうか。(ただし絶対に止まらないサーバは存在しないので障害が出た際の対応力という意味で。)

サーバーとしての機能はひととおり揃っていて、マルチドメイン設定はもちろん、ドメイン毎にIPアドレスが1個付与されます。※(IPアドレスで管理アクセスする場合や、独自SSLの導入に必要)。またドメイン毎にメールアカウントを無制限に作成できますので、顧客へ+αのサービスとしても使えます。

そしてCPIサーバー最大の特徴は「SmartRelease(スマートリリース)」が標準で提供されること。CPI独自のWEB開発支援ソフトウェアで、テスト環境構築や本番サイトへの反映(ファイルコピーやパス置換)、自動バックアップ機能(WEB30世代/DB10世代)など、製作者を凡ミスや煩雑な作業から解放してくれます!
詳しくはこちら → SmartReleaseについて

データベースはMySQL(無制限)の他に、PostgreSQL(ドメイン毎に1個)を利用可能。CPI独自のコントロールパネルからGUI画面マウス操作で各種サーバの設定が行えます。※HDD自体のバックアップは内部(デイリー7世代)+外部ストレージで月額3,000円のオプション提供。

休日や夜間でも電話で問い合わせができるように、オプションの「24時間 365日 電話&メールサポート」にも入っておくと万一の際に心強いです。他社ではまね出来ない金額です。

付属オプション無しの場合の料金は、年間一括払いで月額3,800円+初期費用無料、最低利用3ヶ月毎の支払いだと月額4,400 円+初期費用20,000円となります。

実運用を考えると、サーバ代+バックアップ+365日サポートで、月額7,700円程度~の予算感となります。

▼CPI共有サーバーの詳しい機能はこちら

グランパワー

プラン名 共用再販プラス バンド
容量 100GB 転送量制限 無制限
複数ドメイン 無制限 試用期間 14日間
月額料金 4,980 円(税込)~ 初期費用 無料
標準サポート ユーザ掲示板 / メールフォーム / 24時間 365日対応
その他 自社国内iDC設置、ドメイン取得、サーバ証明書取得対応

グランパワーのおすすめポイント

予算的に抑えたいなら一番にお勧めしたいのがグランパワー。自社データセンターで運用、回線を安く提供している業者ということもあり転送量も無制限!と、大変使い勝手の良いホスティングです。(○TB/月とかは流石にNG)。ただしCPIと比べてサポートが簡素なので、箱だけ借りて後は自分でやりたい方におすすめです。

PostgreSQLは使えませんが、MySQL数(上限なし)、マルチドメイン数(上限なし)、SSH接続、CRON、バックアップ機能など、サーバーとしての機能は揃っています。もちろん顧客への再販OK。

通常の共用サーバープランとの大きな違いは、「自社のクライアント用にサーバーアカウントを発行できる」ところ。つまり自社の顧客向けにレンタルサーバー業が手軽にできます。もちろんベースのサーバー管理はホスティング業者が行うので専門の知識や運用の手間は不要です。

なお、顧客にアカウントを発行する必要が無い場合(自社アカウントで運用管理)は、通常の共用サーバープランでも再販が可能です。月額1,500円程度で利用できますが、メールアカウントの追加依頼や、FTP設定とかに個別対応しなくてはならなくなるので、そこはバランスとお好みで。

料金は、年間一括払いで月額4,980円、最低利用6ヶ月毎の支払いだと月額6,480 円となります。

▼グランパワー再販可能サーバーの詳しい機能はこちら

XSERVER

プラン名 X10
容量 200GB 転送量目安 50GB/日
複数ドメイン 無制限 試用期間 最大10日間
月額料金 1,000円(税抜)~ 初期費用 3,000円(税抜)
基本サポート FAQ / マニュアル / メール

XSERVERのおすすめポイント

サーバー側プログラム(PHP/CGIなど)の高速化処理を売りにしているサービスです。232Gbpsバックボーン(データセンターの回線)に接続しているからか、画像などの表示も超高速です。

サーバの運用(負荷管理)がしっかりされている印象で、安定して利用することができます。マルチドメインは無制限、MySQL5は30個、SSHシェルログイン、Cronなども使え、高負荷サーバーの場合は簡単に別サーバーへ移動できる機能も装備しています。

転送量は、50GB/日までという目安(超過による課金なし)があります。月換算すると1500GBなので、月額1,000円利用を考えれば十分すぎる容量です。

バックアップは、WEB7世代(過去7日分)、DB14世代(過去14日分)の自動取得を標準的に搭載しています。他社のバックアップのオプション料金を考慮すると、だいぶお得感があります。

ウェブ製作業の場合、自社顧客への再販は可能ですが、1アカウント契約につき「5ユーザ」までと制限があります。顧客数がまだ少ない段階か、複数契約の管理が可能な場合には、使い勝手の良いサーバーです。

▼XSERVERの詳しい機能はこちら
エックスサーバー

さくらインターネット

プラン名 さくらのマネージドサーバ HDDプラン
参考構成 Intel Xeon / 14GB RAM / 700GB×2 / RAID 1(ミラー)
対応OS FreeBSD
回線種別 共有100Mbps 転送量制限 200GB/日
管理者権限 事業者管理 IPアドレス 1個
月額料金 11,880円(税込)~ 初期費用 48,600円(税込)

さくらのマネージドサーバーの特徴

マネージドタイプの専有サーバです。root権限は使えません。
サーバの運用・管理はさくらインターネットにて行いますので、
専門の運用知識が無くてもお任せで専用サーバーが利用可能です。

専用サーバですが、daemon常駐型プログラムの設置や、PostgreSQLが使えないなど、カスタマイズはほぼできません。仕様が変更できない共有レンタルサーバーをまるごと1台専有できるプランと考えた方がいいと思います。

上位プランの、SSD360GB 月額17,820円~も選択可能。料金のわりにハードウェアスペックがかなり高いです。

ウェブアプリケーションファイアウォールを標準利用可、ファイル共有のWebDAV機能も搭載しているので社内のファイルサーバーとしても利用が可能です。再販OK。

▼詳細・見積もり・お問い合わせはこちらより
さくらのマネージドサーバ

2014年12月9日