マネージドサービス

マネージドサービス(運用管理代行サービス)

マネージドサービスとは、サーバの運用・管理を事業者側にて代行するサービスです。

専用ホスティングや、専用VPSホスティングと同じく、サーバ利用者が、ハードウェアやOSを独占的に利用する形態ですが、サーバの基本的なメンテナンスやカスタム設定は事業者側にて行うという点が特徴であり、通常のホスティングにシステムの運用マネジメントが付加されています。

サーバの運用・管理と、ひとまとめに表現しても、サービス内容は事業者毎に多種多様です。「サーバの死活監視+基本的なオペレーションサポート」の部分を提供する事業者から、利用者毎にフルカスタマイズ可能なシステム構築や、運用に関するテクニカルサポート、リソース有効活用のための改善提案など、すべて丸投げが可能な「何でも屋さん」まで、サービスの内容や提供価格は様々です。

また、多くの事業者は、「自社ホスティング+マネージドサービス」という形態で提供していますが、一部の事業者では、「マネージドサービス単体」のみでのサービス提供も行っており、サーバの管理者権限を預けることで、他社ホスティングで運用中のサーバでも、運用を代行してくれるユニークなサービスもあるようです。

マネージドサービス(専用機器含む)機能表
サービス形態 ハードウェア OS 運用・管理 処理能力 自由度 提供価格 補足
マネージドサービス 専用 専用 事業者 最高価 サーバの運用・管理に関する専門知識が不要

メリット(利点)

  • サーバシステムの運用を事業者側に委託することができるため、サーバの構築及び運用に関する専門的な知識を必要とせずに、高度なシステムを構築することが可能です。
  • サーバの運用に要していた人的リソースを、本来の目的(サイトコンテンツ運営など)に集中させることが可能になります。
  • システムからのアラートで、深夜に叩き起こされるのは勘弁して欲しい!というシステム担当者の悩みを解決できる可能性があります。(事業者のサービス内容によります)
  • サーバ監視の仕組みやミドルウェアのカスタマイズ方法、ネットワーク部の設定など、サーバシステム運用に関する専門的なノウハウを得ることが可能です。(事業者との運用方法についての取り決めによります)

デメリット(欠点)

  • サービス提供事業者によって、「どこまで対応してくれるのか」は千差万別であり、実際に運用が始まってみないと分からないことが多々あり、事前に見えない問題点を洗い出すことが難しいのが現状です。
  • 営業担当者は"やる"と言っていたのに、技術担当者には"できない"と言われることがあります。
  • サポート担当者との意思疎通が上手くいかないと、希望通りの仕様とならないことがあります。
  • 管理者権限・運用責任の関係上、設定変更はサポートを通さなければならない場合があり、極簡単な設定変更でも完了までに時間がかかる場合があります。

マネージドサービスについての補足

マネージドサービスを提供する事業者は、近年増えてきましたが、マネージドサービスが意味するところは、各事業者によって異なるのが現状です。

最初のほうでも触れていますが、「OSのバージョン管理+サーバ死活監視」のみが提供されるサービス、上記に加え「ミドルウェアのカスタマイズ+最適なシステム環境の提案」が提供されるサービス、更には「アプリケーションを含めた運用試験+定期的な運用レポートの提出」などと、対応の範囲は事業者毎に大きく異なります。

基本サービスメニュー以外にも、状況に応じて柔軟に対応が可能としているサービスの場合、どこまでがサービス内で、どこからサービス外となるのか、ハッキリとしない傾向にあります。運用開始後のトラブル回避のためにも、サービスが受けられる範囲については、できるだけ明確にしたいところです。

選定のポイントとして、メールでのやり取りだけでなく、担当営業が直接出向き運用開始後の詳細について話ができること、SLAの締結も含め、サービス内容・対応範囲を明確に定めることができること、この2点が重要です。話し合いに向けて、依頼したい運用内容を事前にリストアップしておくとスムーズに話が進みます。

また、なんでもやることが良いサービスであるとは一概には言えません。
利用者がサーバを使って実現したいサービスについて、一緒に考えベストな方法を提案してくれる、そんな「まごころ」のあるマネージドサービスを選択されるのが良いのではないでしょうか。

おすすめのマネージドサービス提供事業者一覧

スカイアーチネットワークス(フルマネージドサービス)

スカイアーチサービスサイト 資本金
5,000万円
サービス開始 2001年7月
初期費用目安 10万円~/1台
月額費用目安 4万円~/1台
対応OS Linux / Windows
運用代行 他社ホスティング
ハウジング環境可

サーバ運用・管理アウトソーシングの老舗スカイアーチネットワークスが展開するフルマネージドサービスです。他社マネージドサービスと比べ価格設定が少し高めですが、柔軟な対応をしてくれます。

ハウジング環境や、他社ホスティングでの運用代行も可能。ドメインキーパー、さくらインターネット、WADAX、KAGOYAなどの運用実績があります。
※参考の価格は、運用代行の料金目安で、ホスティング費用は含んでいません。
▼詳細・お問い合わせはこちらより

iSLE(コアマネージドサービス)

アイルサービスサイト 資本金
90,780万円
サービス開始 1996年5月
初期費用目安 63,000~
月額費用目安 21,000円~
対応OS Linux / Windows
運用代行 持込のみ代行可能

導入時の専任コンサル・技術者による導入支援、運用時の設定代行、サーバ監視などがパッケージ化されたサービスです。ハードウェア機器持込による運用代行も対応可能。同社ホスティング利用時には、Exchangeシステムの運用も任せられるのも強みです。

※参考の価格は、iSLEのホスティング利用時の運用代行部分の料金目安で、ホスティング費用、機器持込時の料金は含まれていません。

▼詳細・お問い合わせは下記リンクより
アイル専用サーバー 「コアシリーズ」

KAGOYA Internet Routing(フルマネージド専用サーバー)

カゴヤサービスサイト 資本金
17,300万円
サービス開始 2006年5月
初期費用目安 無料
月額費用目安 8,400円~
対応OS Linux
運用代行 自社ホスティングのみ

自社保有データセンターでの専用ホスティング+マネージドサービスです。料金テーブルは、最小限の構成に追加オプションという形式。一例として、データベースを利用する際には、データベース数に応じて月額料金が加算されます。

サーバは予め決まった仕様で提供され、サービスメニュー外のカスタマイズは不可。共有サーバの延長線上的なイメージのサービスです。とにかく利用価格は安いので、基本運用代行付き専用サーバを、手軽な料金プランで利用したい人向けのサービスです。

▼詳細・お問い合わせは下記のバナーより

その他のマネージドサービス提供事業者一覧

  • WADAX(フルマネージド・セキュリティパック)


    WADAXで提供される専用サービスのオプションとなります。
    日々の運用・管理+定期的なセキュリティ診断に加え、電話でのセキュリティコンサルティングなども受けることが可能なようです。
    月額31,500円+初期費用31,500円から利用可能です。
  • @YMC(マネージドサーバ)

    @YMCで提供されている「カスタムVPS/専用サーバ」の、マネージドサービスとなります。
    「カスタムVPS/専用サーバ」のオプション機能として提供され、「サーバ運用支援(2,100円/月)」や、「サービスポート監視(5,250円/月)」など、必要な機能のみ選択していくことが可能です。
    すべてコミコミのマネージドサービスではなく、手頃な値段、必要な機能のみ利用したいという方にオススメのサービスです。

2014年12月9日