duコマンド

duコマンド

用途

ディスク使用量を表示する

書式

du [オプション] [ディレクトリ名|ファイル名]

主なオプション

  • -aディレクトリ内の各ファイルに対しても使用量を表示する
  • -b結果をバイト単位で表示する
  • -k結果をキロバイト単位で表示する(デフォルト)
  • -s合計サイズのみを表示する
  • -h人間に分かりやすい表記で出力する

容量を圧迫しているディレクトリ・ファイルを調査する

まずはおおよその見当をつけて調査。
下記では、カレントディレクトリを対象としています。

[devi@syslog ~]$ du -sh *
16K Maildir
396K script
24M SRC
32K tartest
[devi@syslog ~]$

なにやら、SRCディレクトリが大きく容量を取っている様子です。
SRCディレクトリ内に移動して、再度調査をしてみます。

[devi@syslog ~]$ cd SRC/
[devi@syslog SRC]

[devi@syslog SRC]$ du -sh *
2.0M apache_1.3.41.tar.bz2
60K cdb-0.75.tar.gz
4.0K cdb_error.h
16K checkpassword-0.90.tar.gz
4.0K checkpassword_error.h
68K cpan2rpm-2.027-1.noarch.rpm
36K daemontools-0.70.tar.gz
40K daemontools-0.76.tar.gz
4.0K daemontools_error.h
4.4M httpd-2.0.63.tar.bz2
4.8M httpd-2.2.9.tar.bz2
9.2M php-5.2.6.tar.bz2
2.2M proftpd-1.3.1.tar.bz2
288K pukiwiki-1.4.7_notb_utf8.tar.gz
220K qmail-1.03.tar.gz
4.0K qmail_error.h
700K tripwire-2.4.1.2-src.tar.bz2
56K ucspi-tcp-0.88.tar.gz
56K ucspi-tcp-0.88.tar.gz.1
4.0K ucspi-tcp_error.h
[devi@syslog SRC]$

どのファイルが容量を圧迫していたのかが分かります。

補足

普段利用する時には、dfコマンド
調査するパーティションの範囲を絞ってから
duコマンドを利用すると便利です。

大抵の場合はユーザのメール格納領域を調べたり、
システムログの格納領域(/varや /homeなど)を調査する場合が多いかと思います。

どのユーザのメールボックスが圧迫している原因かを、
調査する時などに便利です。

タグ

2009年6月22日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:システム管理系コマンド

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。