dfコマンド

dfコマンド

用途

ファイルシステム毎の空き容量を表示する

書式

df [オプション] [ファイルシステム名]

主なオプション

  • -aマウントされているファイルシステム全てについて表示する
  • -h人間に分かりやすい形式で表示する
  • -iinode数について表示
  • -Tファイルシステムのタイプについても表示

ファイルシステムの利用状況を確認する

・容量の確認
[devi@syslog ~]$ df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
/dev/hda2 1.9G 666M 1.1G 38% /
/dev/hda1 99M 32M 63M 34% /boot
tmpfs 629M 0 629M 0% /dev/shm
/dev/hda10 27G 197M 25G 1% /home
/dev/hda6 6.4G 2.4G 3.7G 39% /usr
/dev/hda7 19G 308M 17G 2% /var
[devi@syslog ~]$
・残りファイル数(inode数)の確認
[devi@syslog ~]$ df -i
Filesystem Inodes IUsed IFree IUse% Mounted on
/dev/hda2 490080 10472 479608 3% /
/dev/hda1 26104 54 26050 1% /boot
tmpfs 160906 1 160905 1% /dev/shm
/dev/hda10 7045120 146 7044974 1% /home
/dev/hda6 1711264 125643 1585621 8% /usr
/dev/hda7 4886400 1264 4885136 1% /var
[devi@syslog ~]

ちょっと便利な使い方

・ソートをして少し見やすくしてみます
[devi@syslog ~]$ df -Th | sort
/dev/hda10 ext3 27G 197M 25G 1% /home
/dev/hda1 ext3 99M 32M 63M 34% /boot
/dev/hda2 ext3 1.9G 666M 1.1G 38% /
/dev/hda6 ext3 6.4G 2.4G 3.7G 39% /usr
/dev/hda7 ext3 19G 308M 17G 2% /var
Filesystem Type Size Used Avail Use% Mounted on
tmpfs tmpfs 629M 0 629M 0% /dev/shm
[devi@syslog ~]$

タグ

2009年5月15日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:システム管理系コマンド

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。