dateコマンド

dateコマンド

用途

現在の日時を表示、設定する

書式1

date [オプション] MMDDhhmm[[CC]YY][.ss]

主なオプション

  • -d引数に日時を指定すると、指定した日時を表示する
  • -R日時を「RFC2822」フォーマットで表示する
  • -s引数に入力された値で、日時を設定する
  • -u表示や設定に世界標準時間(UTC)を使用する

日付・時刻フォーマット

  • MM月を2桁で指定。例:9月(09)
  • DD日を2桁で指定。例:1日(01)
  • hh時を2桁で指定。例:18時(18)
  • mm分を2桁で指定。例:59分(59)
  • CC西暦の上2桁を指定。例:2009年(20)。指定しなくても良い
  • YY西暦の下2桁を指定。例:2009年(09)。指定しなくても良い
  • ss秒を2桁で指定。例:30秒(30)。指定しなくても良い

タグ

2009年9月11日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:システム管理系コマンド

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。