tarコマンド

tarコマンド

用途

複数のファイルをアーカイブする

書式

tar [オプション] [ディレクトリ名|ファイル名]

主要なオプション

  • cアーカイブファイルの作成
  • xアーカイブファイルを展開
  • tアーカイブ内容の一覧を表示
  • rアーカイブの最後にファイルを追加
  • dアーカイブからファイルを削除
  • ※上記オプションの内、1つは含めること

  • f filenameアーカイブファイルを指定する
  • v処理内容を表示する(一般的に付与する)
  • C指定したディレクトリにファイルを展開する
  • zgzipを内部的に呼び出し、圧縮/解凍を同時に行う
  • Zcompressを内部的に呼び出し、圧縮/解凍を同時に行う
  • jbzip2を内部的に呼び出し、圧縮/解凍を同時に行う

アーカイブファイルの作成

・テストディレクトリの中身
[devi@syslog tartest]$ ls -l
total 12
-rw-rw-r– 1 devi devi 4 May 15 15:36 aaa.txt
-rw-rw-r– 1 devi devi 4 May 15 15:36 bbb.txt
-rw-rw-r– 1 devi devi 4 May 15 15:36 ccc.txt
[devi@syslog tartest]$
・aaa.txt と bbb.txt をアーカイブ
[devi@syslog tartest]$ tar cvf archivefile.tar aaa.txt bbb.txt
aaa.txt
bbb.txt
[devi@syslog tartest]$
・ディレクトリ内にアーカイブファイルができている
[devi@syslog tartest]$ ls -l
total 24
-rw-rw-r– 1 devi devi 4 May 15 15:40 aaa.txt
-rw-rw-r– 1 devi devi 10240 May 15 15:41 archivefile.tar
-rw-rw-r– 1 devi devi 4 May 15 15:36 bbb.txt
-rw-rw-r– 1 devi devi 4 May 15 15:36 ccc.txt
[devi@syslog tartest]$
・ファイルの種類を確認
[devi@syslog tartest]$ file archivefile.tar
archivefile: POSIX tar archive
[devi@syslog tartest]$

アーカイブファイルに追加する

・ccc.txtもアーカイブに含めてみる
[devi@syslog tartest]$ tar rvf archivefile.tar ccc.txt
ccc.txt
[devi@syslog tartest]$

アーカイブの中身を確認する

・展開せずにアーカイブファイルの中身を確認する
[devi@syslog tartest]$ tar tf archivefile.tar
aaa.txt
bbb.txt
ccc.txt
[devi@syslog tartest]$

アーカイブファイルを展開する

[devi@syslog tartest]$ ls -l
total 12
-rw-rw-r– 1 devi devi 10240 May 15 15:42 archivefile.tar
[devi@syslog tartest]$
[devi@syslog tartest]$ tar xvf archivefile.tar
aaa.txt
bbb.txt
ccc.txt
[devi@syslog tartest]$

同時に圧縮もする便利な使い方

・gzipがインストールされている場合
[devi@syslog tartest]$ tar czvf archivefile.tar.gz aaa.txt bbb.txt ccc.txt
aaa.txt
bbb.txt
ccc.txt
[devi@syslog tartest]$
・ファイルの種類を確認
[devi@syslog tartest]$ file archivefile.tar.gz
archivefile.tar.gz: gzip compressed data, from Unix, last modified: Fri May 15 15:49:42 2009
[devi@syslog tartest]$

タグ

2009年5月15日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ファイル操作系コマンド

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。