findコマンド

findコマンド

用途

ファイルを検索する

書式

find [オプション] 基点パス 検索条件 [アクション]

主なオプション

  • -daystart時間の基点をコマンドを実行した日の0時に設定
  • -follow シンボリックリンクの参照先を検索
  • -depth  ディレクトリ本体の前に、ディレクトリの内容を評価
  • -mount  他のファイルシステムにあるディレクトリは検索しない
  • -noleaf Unixファイルシステムに対する最適化処理を行わない
  • -xdev  “-mount”と同義
  • ※noleafオプションは、CD-ROMなどを検索するときに使用

主な検索条件

  • -amin N   N分前にアクセスされたファイル(Access)
  • -cmin N   N分前にステータスが変更されたファイル(Creation)
  • -mmin N   N分前にデータが変更されたファイル(Modification)
  • -atime N   N*24時間前にアクセスされたファイル
  • -ctime N   N*24時間前にステータスが変更されたファイル
  • -mtime N   N*24時間前にデータが変更されたファイル
  • -name NAME  “NAME”にマッチするファイル名(ワイルドカード利用可)
  • -iname NAME “-name”と同じだが、大文字小文字を区別しない
  • -inum N   ファイルのinode番号が”N”のファイル
  • -empty    中身が空のファイル又はディレクトリ
  • -user USER  所有者が”USER”のファイル(IDの指定も可能)
  • -group GROUP グループが”GROUP”のファイル(IDの指定も可能)
  • -nouser   ファイルのユーザIDに対応するユーザがいないファイル
  • -nogroup   ファイルのグループIDに対応するグループがないファイル
  • -size N[bckw]指定したサイズのファイル。単位については下記参照
  • -type TYPE  TYPEに指定したタイプのファイル。詳細は下記参照
  • ※Nの数値は、”+N”とすると以上、”-N”とすると以下、”N”は等しいとなる

サイズの単位一覧

  • b512バイトのブロック(デフォルト)
  • cバイト
  • kキロバイト
  • w2バイトのワード

サイズの単位一覧

  • bブロックスペシャルファイル(バッファ付き)
  • cキャラクタスペシャルファイル(バッファ無し)
  • dディレクトリ
  • p名前付きパイプ(FIFO)
  • f通常のファイル
  • lシンボリックリンク
  • sソケット

主なアクション

  • -print    検索結果を標準出力に表示する(デフォルト)
  • -fprint FILE 検索結果を、”FILE”で指定したファイルに保存する
  • -ls      “ls -dils”と同じ形式で、結果を標準出力に表示する
  • -exec CMD {} ;結果をコマンド(CMD部分)に渡す
  • -ok CMD {} ; “-exec”と同様だが、コマンド実行前に確認を行う

タグ

2009年8月27日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ファイル操作系コマンド

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。