catコマンド

catコマンド

用途

ファイルの中身の閲覧や、ファイルの連結を行う

書式

cat [オプション] ファイル名s

主なオプション

  • -n出力結果に行番号を表示する
  • -b空白行は無視して行番号を表示する
  • -s連続する空白行は1行として表示する
  • -E各行の最後に「$」を表示する
  • -Tタブを「^I」に置き換えて表示する

ファイルの中身を閲覧(確認)する

[devi@syslog catdir]$ cat file1.txt
abc def ghi jkl

mno pqr stu vwx
[devi@syslog catdir]$

表示結果に行番号をつけてみる

・空白行にも行番号を表示
[devi@syslog catdir]$ cat -n file1.txt
1 abc def ghi jkl
2
3
4 mno pqr stu vwx
[devi@syslog catdir]$
・空白行には行番号を非表示
[devi@syslog catdir]$ cat -b file1.txt
1 abc def ghi jkl

2 mno pqr stu vwx
[devi@syslog catdir]$

・連続する空白行は1行として表示
[devi@syslog catdir]$ cat -sn file1.txt
1 abc def ghi jkl
2
3 mno pqr stu vwx
[devi@syslog catdir]$

異なるファイルの内容を連結する

・file2.txtの中身
[devi@syslog catdir]$ cat file2.txt
abc def ghi jkl
[devi@syslog catdir]$
・file3.txtの中身
[devi@syslog catdir]$ cat file3.txt
mno pqr stu vwx
[devi@syslog catdir]$
・catコマンドでファイルを連結
[devi@syslog catdir]$ cat file2.txt file3.txt > newfile.txt
[devi@syslog catdir]$

[devi@syslog catdir]$ cat newfile.txt
abc def ghi jkl
mno pqr stu vwx
[devi@syslog catdir]$

catコマンドの便利な使い方

viをいちいち起動して内容を記述するのがメンドクサイ場合などに、
任意の文字列が出現するまで、catで出力させ、
その内容をファイルに書き込む方法があります。

毎回決まった内容を書き込む場合や、
Linuxのメモやマニュアルを記述する際に便利です。
以下では、「EOF」という文字列を終端として指定します。

cat > hostsfile < < EOF 127.0.0.1 localhost.localdomain localhost 192.168.1.1 syslog.linuxtips.sblo.jp syslog 192.168.1.10 db1.linuxtips.sblo.jp db1 192.168.1.254 gw.linuxtips.sblo.jp gw EOF ※デタラメに記述した情報です

これを、そのままコマンドとして流してやると、
その内容が記述されたファイルができあがります。

[devi@syslog catdir]$ cat > hostsfile < < EOF > 127.0.0.1 localhost.localdomain localhost
> 192.168.1.1 syslog.linuxtips.sblo.jp syslog
> 192.168.1.10 db1.linuxtips.sblo.jp db1
> 192.168.1.254 gw.linuxtips.sblo.jp gw
> EOF

[devi@syslog catdir]$
[devi@syslog catdir]$ cat -n hostsfile
1 127.0.0.1 localhost.localdomain localhost
2 192.168.1.1 syslog.linuxtips.sblo.jp syslog
3 192.168.1.10 db1.linuxtips.sblo.jp db1
4 192.168.1.254 gw.linuxtips.sblo.jp gw
[devi@syslog catdir]$

タグ

2009年9月3日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ファイル操作系コマンド

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。