Linuxのアーカイブ

fileコマンド

用途

ファイルの種類を調べる

書式

file [オプション] ファイル名s

主なオプション

  • -b出力結果に対象のファイル名を表示しない
  • -iMIMEタイプで表示する
  • -z圧縮ファイルの中身についても調べる

→この投稿の続きを読む

タグ

2009年9月20日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ファイル操作系コマンド

grepコマンド

用途

文字列を検索する

書式

grep [オプション] 検索パターン ファイル名s

主なオプション

  • -E検索パターンに拡張正規表現を使用(egrepと同等)
  • -F検索パターンに固定文字列を使用(fgrepと同等)
  • -G検索パターンに正規表現を使用(デフォルト)
  • -P検索パターンにPerlの正規表現を使用
  • -e検索パターンが”-“で始まる際に付加
  • -f検索パターンを引数に指定したファイルから1行毎に読み込む
  • -i大文字と小文字の区別を行わない
  • -w単語に完全にマッチする行のみ選択
  • -x行全体と正確にマッチする行のみ選択
  • ※grepで利用できる正規表現については、正規表現リファレンスを参照

主に表示に関わるオプション

  • -sエラーメッセージを表示しない
  • -vマッチしない行を表示する
  • -m引数に指定した数だけ、マッチする行を表示(max count)
  • -b各出力行の先頭にファイル先頭からのバイト単位のオフセット数を表示
  • -n各出力行の先頭に行番号を表示
  • -H各出力行の先頭に、マッチしたファイル名を表示
  • -h複数ファイル検索時の出力に、ファイル名を表示しない
  • -o検索パターンにマッチした”部分”のみ表示
  • -q検索結果を表示しない(最初のマッチで終了)
  • -aバイナリファイルをテキストファイルとして処理する
  • -Iバイナリファイルはマッチするデータを含まないものとして処理する
  • -rディレクトリ内を再帰的に読み込む
  • -lマッチしたファイルのファイル名を表示
  • -Lマッチしなかったファイルのファイル名を表示
  • -cマッチした行数のみを表示(-v併用で反転表示)

出力を補助するオプション

  • -A NUMパターンマッチした行の、後ろ”NUM行”も表示
  • -B NUMパターンマッチした行の、前 ”NUM行”も表示
  • -C NUMパターンマッチした行の、前後”NUM行”も表示

→この投稿の続きを読む

タグ

2009年9月17日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ファイル操作系コマンド

killコマンド

用途

実行中のプログラムにシグナルを送る(停止する)

書式1

kill [オプション] プロセスID

書式2

kill [オプション] %ジョブ番号

主なオプション

  • -lシグナルの一覧を表示する
  • -s引数にシグナルを指定してプログラムに送る

主なシグナル

  • (1) SIGHUP 端末の切断によるプロセスの終了/プロセスの再起動
  • (2) SIGINT キーボードからの割込みによるプロセスの終了(Ctrl+c)
  • (3) SIGQUITキーボードからのプロセスの中止(Ctrl+\)
  • (6) SIGABRTプログラムの異常終了によるプロセスの終了
  • (9) SIGKILLプロセスの強制終了(※ゾンビプロセス無効)
  • (15) SIGTERMプロセスの終了(※デフォルト)
  • (18) SIGCONT中断したプログラムの再開
  • (19) SIGSTOPプログラムの中断(サスペンド)(Ctrl+z)

→この投稿の続きを読む

タグ

2009年9月14日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:システム管理系コマンド

nkfコマンド

用途

文字コードを変換して出力する

書式1

nkf [オプション] ファイル名

書式2

nkf [オプション] ファイル名 > 新ファイル名

主なオプション

  • -jJISコードに変換して表示する
  • -sShift JISコードに変換して表示する
  • -eEUC-JPコードに変換して表示する
  • -wUTF-8コードに変換して表示する
  • -J対象のファイルがJISコードであることを明示する
  • -S対象のファイルがShift JISコードであることを明示する
  • -E対象のファイルがEUC-JPコードであることを明示する
  • -W対象のファイルがUTF-8コードであることを明示する
  • -gファイルの文字コードを表示する
  • -L改行コードの変換を行う ※下記変換オプション参照

改行コードの変換オプション

  • -Lu改行コードを、Unix風のLFに変換して表示する
  • -Lw改行コードを、Windows風のLF+CRに変換して表示する
  • -Lm改行コードを、Mac風のCRに変換して表示する

→この投稿の続きを読む

タグ

2009年9月13日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ファイル操作系コマンド

psコマンド

用途

プロセスの一覧を表示する

書式1

ps [オプション]

主なオプション

  • a自分以外の他のユーザのプロセスも表示する
  • fプロセスの親子関係をツリー状に表示する
  • l更に詳細な項目を表示する(F,UID,PPID,PRI,NI,VSZ,RSS,WCHAN,STAT)
  • rSTATが実行中のプロセス(running)のみ表示する
  • uユーザ名を表示する(USER)
  • x制御端末のないプロセス情報についても表示する(deamonプロセスなど)
  • w画面に出力する幅を広げる
  • cコマンド名を本来の形式で表示する
  • jジョブに関する情報を表示する(PGID,SIDなど)
  • sシグナル形式で表示する
  • vバーチャルメモリー形式で表示する

主なフィールド名

  • USER プロセスの実行ユーザ名
  • UID プロセスの実行ユーザID
  • PID プロセスのID
  • PPID 親プロセスのID
  • PRI プロセスの優先度。値が高い方が優先度が高い
  • NI  プロセスのnice値。値が低い方が優先度が高い
  • VSZ プロセスが使用中の仮想メモリ量
  • RSS プロセスが使用中の物理メモリ量
  • WCHANプロセスのカーネル関数名
  • STAT プロセスの動作状態 ※別表に記載
  • STARTプロセスが開始された日時
  • TTY プロセス制御端末の種類と番号
  • TIME プロセスの総実行時間
  • CMD プロセスのコマンド名

プロセスの状態(STAT項目の説明)

  • R実行中のプロセス
  • S一時停止中のプロセス
  • D割り込み不可能な一時停止中のプロセス
  • T停止又はトレース中のプロセス
  • Zゾンビプロセス
  • W実メモリ上にない、スワップアウトしているプロセス
  • Nnice値が”正”になっているプロセス

タグ

2009年9月12日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:システム管理系コマンド